2008年10月27日

龍の浮き沈み#2

この浮き沈みする問題、解決しました!

Dstreamer 内部で使用している yaw-pitch-roll 表現を、フィギュアの pitch-yaw-roll 表現に変換する際、1番目の yaw の回転軸は傾いていてはダメなのですが、親ボーンの姿勢により傾いてしまっていたのが原因でした。

浮き沈みしないことを確認できましたので、これでスプラインを掛けた動画を作ってアップ出来ます!

TODO
・スパゲッティソースプログラムの整理(笑)
・結果出力時の CPU 占有率の抑制 (計算自体は分割処理化済み)
・初期ポーズの反映 (残りは屈伸だけ)
・第2フレームで BODY のマクロなパラメータなどを 0 にするキーの生成
・龍玉の小道具名の renumber を行う Python スクリプトの作成 (必要?)
・各種ポーズパラメータの扱いの纏め
 (初期ポーズとして参照、参照&更新、Don'tCare、ゼロ固定などに分類)


posted by foilskin at 21:05 | comment (0) | Dstreamer | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。