2011年09月16日

重力+磁力

これまでコストを考えて高価なセンサには手を出せないでおりましたが、今回、やや高価なセンサを使ってみました。

1個のチップの中に、重力センサと磁力センサの機能が封入されているのです。

まるで銀の戦車+アヌビス神のように強力です! まあ、承太郎には勝てないかも知れませんが(泣)。

だがもう SkelSync と対等に渡り合える精度は出せるようになりました。(ニャ、ニャニィーッ!?)

大きく傾いた方位磁石

ところで地磁気って、上下方向に大きく傾いているんですね。方位磁石の針は傾いていないので、磁力線は水平方向に走っているものと思い込んでいました。水平になるのは赤道上ぐらい。

私の持っている方位磁石の針は、N極よりもS極の方が少し長いように見えますので、S極側が重くなるように作られているのでしょうか。でもそれだと南半球では使えませんよね?


posted by foilskin at 14:42 | comment (0) | stunt | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。