2012年08月14日

透明な背景画像

アルファ値は不透明度を示すものでして、32bpp (bit per pixel) などの ARGB 表現に於いては、成分 A が該当します。

ここで注意が必要なのが、不透明度 0% の場合、つまり完全なる透明の場合です。

ペイントツールなどに於いて、完全に透明 (A=0%) にしたとしても、元の色 (RGB) の値は維持されています。このようにすることで、あとから不透明度だけを変更することが出来ます。

アルファ値を扱える画像フォーマットとしては、先ず PNG が挙げられます。GIF も透明色を扱えますが、こちらはリニアなアルファ値は扱わず、セル画のようなスプライト機能を目的にしたものだと思います。

Poser が背景画像の透明色をどのように扱っているのか実験してみました。GIF 画像の方は、実際に実験に使用したものです。

background #1
↓背景画像として読み込む
preview #1

background #2
↓背景画像として読み込む
preview #2

特に細工などはされておらず、どのような不透明度であろうとも、強制的に不透明度 100% と見なし、RGB の値をそのまま採用しているようです。

今回の実験に使用した版数
・Poser 7J SR3 (7.0.4.232) Windows 版
・ジョースター家の四代目(?)


posted by foilskin at 13:41 | comment (0) | _technical_note_ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。