2013年08月05日

ヒンジ試作

ひとまず皮をシンプルなものに戻した状態で、ヒンジを試作してみましたっ。

1axis hinge normal
先ずは1軸のヒンジです。

1axis hinge backbend
人間の指と同様、やや反らすことが出来るようにしてあります。


次に2軸のヒンジです。

2axis hinge normal
右側が parent で、左側が child です。取り敢えず角度検出センサを2個、各軸に挟んではいますが、固定する部分をまだ造り込んでいません。

2axis hinge bend
屈伸させた所です。握り拳のポーズが出来るよう、屈伸は100度まで曲げられるようにしてあります。

おっと、センサの向きが逆でした。端子は内側に隠れなければなりません。

2axis hinge side
横屈伸させた所です。中身が剥き出しにならないようにするため、なるべく皮を残し、横屈伸できる角度は抑えています。

十字軸の関係で、スケール 1/1 よりも、やや大きいものになってしまいました。いっそのこと、このままロボットの手という事にしてしまいますか(笑)。


posted by foilskin at 23:45 | comment (0) | Minako3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。