2013年06月12日

物理レンダリング

試しに BJD Type2 の人差し指を、物理レンダリングしてみましたっ。

BJD index finger

中空にして、仕上がりも粗めに設定したため、レンダリング時間は16分で済みました。これでも時間は掛かっていない方なのです。

たまたま私の小指にスッポリと被せることが出来ました。特に意味は無いですが(笑)。

ちなみに前回のロボットアームのような試作はアルファ版でして、ようやくこれからベータ版の試作に入れます。
・アルファ版 …方式などの検証目的の試作
・ベータ版 …製品化を視野に入れた試作

この後のベータ版については、下記の順番で予定しています。
(1) 筐体の試作、関節機構の確認
(2) 電子部品の選定、制御系の試作
(3) クレードルの試作
(4) プリント配線板の製作


BJD index finger with LED

中に LED を入れて発光させてみました。
posted by foilskin at 20:58 | comment (0) | Minako3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

ワイヤレス給電・ワイヤレス通信

今回の要の技術は、ワイヤレス給電とワイヤレス通信です。

奥のボードから、手前のボードに対して、ワイヤレスで給電し、更にワイヤレスでコマンドを送って青色 LED を点灯させています。

wireless power supply and communication

双方ともに「なんちゃってアンテナ」を使っているためか、逆方向の通信は出来ていません。

酷い扱いをされて部品が嫌がっているのかも。なんちゃっテナ。
posted by foilskin at 22:46 | comment (0) | Minako3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

手ポーズの取り込み

手のポーズを取り込めるものを試作してみましたっ。

手ポーズの取り込みは SkelSync の頃から考えてはいましたが、指のボーンが放射状に何段階も伸びていることで計算が複雑になる事や、少ない体積に多くの関節が密集している事で、断念していました。

しかし今回は角度検出センサを採用し、それを筐体に組み込むという方式で実現できましたっ。

4ch sensor

取り込めるのは、指1本あたり、下記4つの角度です。
・第1関節…1軸(屈伸)
・第2関節…1軸(屈伸)
・第3関節…2軸(屈伸と横屈伸)
ちなみに関節は、指先の方から第1、第2、第3と数えます。生身の人間ならば、これぐらいしか曲げられる軸はありませんので、十分だと思っています。

取り敢えずの試作なので、今回は指1本分だけです。しかも、主に検証したい2軸の第3関節だけに角度検出センサを使い、第1関節と第2関節はケチって、安価なボリューム抵抗で代用しています。

上の写真のポーズを実際に取り込み、BJD Type2 の人差し指に適用してみました。

BJD Type2

指先までもが美しいフィギュアですよね。
posted by foilskin at 21:53 | comment (0) | Minako3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。